ラッシング・ビート乱 複製都市(1992年 / ジャレコ)

華斬

Kazan
戸隠流忍術の使い手である忍者。年齢不詳で、かつてスパイ活動の指導員として、CIAに所属していたようです。長髪のイケメンで、装束は赤と緑色であるあたり、忍ぶ気はなさげ。
本作のスピード&テクニック型を担うキャラクターで、最速のダッシュと3段ジャンプを持ちます。また本作随一のコンボ向けのキャラクターでもあり、テクニック次第ではコンボを無限につなげることも可能。少し慣れれば、全てのボス戦で強力なキャラクターになります。初心者から上級者まで楽しめるキャラクターになっています。

コマンド技表

技名 コマンド ダメージ 備考
3段ジャンプ
連続攻撃
垂直跳び太刀斬り
跳び太刀斬り
垂直ジャンプ中
前ジャンプ中
16
16
足払い 4
蜻蛉両膝落とし 転んだ敵の上で 12
羅身裂火斬 16,16,16 体力を消費
鞘突き 正面つかみ中 3,3,3
首切り投げ 正面つかみ中 8
片腕返し 正面つかみ中 8 怒りモード時24
怒り投げ 正面つかみ中 24 隠しコマンド
片腕返し 背面つかみ中 16
起き上がり 吹き飛ばされ中にorボタン連打 - 無敵
つかみ返し 正面つかまれ中、タイミングよく - 正面つかみへ
裏捕り 背面つかまれ中、タイミングよく - 背面つかみへ
  • *の技名は便宜上つけたものです。
  • は体力を消費しますが、一定時間ダメージを受けなければ回復します。


  • ワンポイント

  • 連続攻撃
    4発目の刀で斬り上げるモーションには浮かせ判定があります。足払い()がオーソドックスな追撃技で、壁際ならつかみ(敵に接触)につなげることも可能。密接した状況なら跳び太刀斬り(ジャンプ中)がヒットし、非常にかっこいいです。

  • 足払い
    スライディング。ヒット時は軽くバウンドし、連続攻撃()、つかみ(敵に接触)、跳び太刀斬り(ジャンプ中)での追撃が可能。使いやすいコンボ始動技です。

  • 片腕返し(正面つかみ中 or 背面つかみ中
    片腕での反転叩き付け投げ。ヒット時に敵を地面にめり込ませている間に追撃が可能。連続攻撃()か、足払い()につなげられます。単体でのダメージが低いのは、おそらく開発陣が、技の設計時からコンボにつなげられることを予期していたからだと思われます。
  • 以上の3つの技を組み合わせることで、無限コンボが可能になります。

  • 羅身裂火斬
    必殺技。両手を画面右左に開いた瞬間、体が分裂して消え、再び現れた本体が垂直に斬り上げます。両手を開いたとき、斬り上げたとき、降下したときの3回にあたり判定があります。ザコ敵には壁際なら3連続ヒットし、全キャラクター中最大のダメージを与えます。ただしボスには壁際でも1ヒットしかしません。ボス戦では、やはりリックの必殺技の方に軍配が上がります。
  • コンボ例

    華斬はコンボが豊富。無限コンボも可能。いろいろ考えられるのでやってみよう!
    足払い
    片腕返し
    正面つかみ中or
    背面つかみ中
    連続攻撃
    基本的なコンボ。足払い後に敵方向に前進していると、転んだ直後の敵をつかむことができます。つかみ後は片腕返しを。片腕返し後の敵にはさらに連続攻撃がヒット、その連続攻撃後にはさらに足払いをヒットさせることができます。
    連続攻撃
    足払い
    (垂直)跳び太刀斬り
    (垂直)ジャンプ中
    連続攻撃で浮いた敵が地面に着くところに足払いを。足払いで軽くバウンドしたところに素早く跳び太刀斬りを出せば連続ヒットします。見た目に美しいコンボ。
    連続攻撃
    壁際or密着して
    跳び太刀斬り
    前ジャンプ中
    -
    連続攻撃4発目を敵にヒットさせると、少しだけ高く浮きます。壁際なら跳び太刀斬りで追撃可能。二回斬りつける、これも美しいコンボです。
    裏捕り
    背面つかまれ中、タイミングよく
    片腕返し
    背面つかみ中
    連続攻撃
    華斬の返し技は裏捕り。裏捕りに成功すると、敵とポジションを入れ替えて背面つかみになります。片腕返しからは無限コンボが可能です。連続攻撃だけでなく、足払いでもOK。
    鞘突き
    正面つかみ中
    連続攻撃
    壁際or密着して
    跳び太刀斬り
    前ジャンプ中
    リックと同様、つかみYの後につかみ解除まで待つと、なぜか敵が少し硬直し、追撃が可能です。硬直の間に密着できる(=近づいても敵をつかまない)ので、このコンボを狙ってみてはどうでしょう!

    タイトル ラッシング・ビート乱 複製都市
    開発会社 ジャレコ
    販売会社 ジャレコ
    初出 スーパーファミコン、1992年
    システム / (5ボタン)
    キャラクター数 5キャラクター2人
    ステージ数 4ステージ