トップページ

「オール仮面ライダー ライダーレボリューション」発売!


オール仮面ライダー ライダーレボリューション
2016年12月1日、いよいよ「オール仮面ライダー ライダージェネレーション2」に続く新作が、バンダイナムコホールディングスから登場!
今作で使用可能なライダーは75人以上!個人的に気になっているのは、ライダーごとの特殊能力「ライダーパワー」を使わなければ乗り越えられないトラップがあるという点。このプロセスは前2作になかった要素、きっとプレイする楽しみを増してくれることでしょう!
また、道中で任意にパートナーライダーと交代できるシステムも追加。さらに戦略的な一作になっています。

最近の更新

  • 2016.12.1.「オール仮面ライダー ライダーレボリューション」発売!
  • 2016.9.25.トピックスに特集:ティム・フォリンの曲を集めてみたを追加しました。
  • 2016.8.28.トピックスにキャラクタープロファイル:リック・ノートンを追加しました。
  • 2016.8.27.放置しすぎて申し訳ない!仕事が激務なんだ!(言い訳)コナミが世界中を興奮させた一作、X-MENをアップロードしました。また、トピックスにキャラクタープロファイル:サイクロップスを追加しました。

  • 過去の攻略情報リストはこちらをどうぞ。
    過去のトピックスはこちらをどうぞ。

    ベルトスクロールアクションゲーム 気まぐれ最新情報

    2015年4月18日 SUPER Rom Cassette Disc In JALECO

    今回はCDですがご紹介させてください!あの名作三部作「ラッシング・ビート」シリーズのBGM(他にもSFCの作品複数)を収録したCDが、2015年3月28日にリリース!パッケージを見てピンとくる方はお気づきでしょう、第2作「ラッシング・ビート乱 複製都市」のエンディングでのリック・ノートンとダグラス・ビルドです。このシーンは、ビルドが激戦の末に脚を負傷し、ノートンが彼を抱えているところで、これ以降(=第3作にて)ビルドは戦いたくても戦えない体に…。友情と激闘を表現している、シリーズ中でもかなり印象的なシーンであるだけに、この画像を選んだスタッフの方々に、「やはり!」とお伝えしたい!
    もちろん三部作のBGMはどれも素晴らしく、キャッチ―ながら深みのあるメロディ展開がなされています。個人的には、「乱」のステージセレクトBGM、ボス戦BGMをリコメンド!

    amazon.co.jp

    2014年11月3日 Raging Justice(レイジング・ジャスティス)

    ファンタジー系ではなくリアル系のベルトゲーで、3Dあるいはレンダリング処理した画像による2D作品のようです。メイキンゲームズ社からの作品で、メイキンゲームズの設立者ニック・メイキン氏は、元レア社のプログラマーだったようです。かつてのレア社の作品は軒並み高評価を受けていたことから、本作も期待大です!
    2015年3月リリース予定で、パソコン、コンシューマ機(XBOX・PS4などは不明)、モバイル機でリリースされるようです。

    2014年10月23日 Viking Squad(バイキング・スカッド)

    直訳すれば「バイキング一味」的な感じでしょうか。ヤール村の支配から抜け出すため、4人のバイキングが戦います。公式サイトでは"Lane Based Combat"(レーン戦闘)と謳われており、もしかしたら、「ガーディアンヒーローズ」のようなライン型アクションゲームとして設計されているのかもしれません。
    装備換装システムも用意されており、「ヘルメット」「肩」「腰」「武器」のカテゴリーに分けられています。スリック・エンターテインメント社より、2015年に、パソコン / PS4でリリースされる予定です!

    公式サイト(英語)

    2014年1月13日 ダブルドラゴン ネオン

    海外PS3ではすでに2012年に配信されていた作品が、ついに日本でも配信!2013年12月12日から配信されています。ウェイフォード・テクノロジーズ開発、アークシステムワークス販売です。価格は1500円で、PS3用です。
    これまでの技がほぼ流用されているほか、敵として「BIMMY」(NES版=海外ファミコン版ダブルドラゴン3での有名な誤植)を登場させるあたり、開発陣はよく分かっていらっしゃる!ポリゴン造形なのにヒット感覚が良いのも好印象。これからのベルトゲーの進むべきひとつの方向性を示してくれています。

    公式サイト

    2013年8月8日 熱血硬派くにおくんSP 乱闘協奏曲

    くにおくんシリーズ最新作が本日発売開始!開発は「ギルティギア」シリーズでおなじみのアークシステムワークスです。同社は「熱血硬派くにおくん 番外乱闘編」のニンテンドー3DS VC版移植以来、くにおくんシリーズにて手堅い作りを見せていますね。
    通行人を攻撃できたり、アルバイトでお金を稼いだりなど新たな要素も。懐かしの背景グラフィックも最新の技術で再現されています。なにより本作では、初代「熱血硬派くにおくん」で強烈なキャラクター性を発揮した「みすず」が仲間に!これはアツいぞ!

    amazon.jp