アンダーカバーコップス(1992年 / アイレム)


マット・ゲーブルズ

MVPをも獲得した経験のある、元プロフットボーラー。しかし並外れたパワーを危険視され、フットボール界から永久追放されます。2018年アメリカ生まれの25歳、コードネームは「ファイアボール・クラッシャー」。コードナンバーは「019」です。
見た目通りのパワータイプで、動きは緩慢ながら攻撃力はピカ一。連続攻撃からを得られるのが、最大の長所です。超必殺技「マットボンバー」のダメージは30とやや低く、他のキャラクターに比べて劣るように見えますが、この技は発動時間が長く、うまく使うと2回攻撃することができます(ダメージは30×2で大ダメージ)。またコマンドでは、唯一ダッシュでき(他のキャラクターはステップイン)、低い機動力を補えます。
最大のデメリットは、技スピードが遅く(特につかみ)、周囲の敵から攻撃されること。上級者向けのキャラクターです。

コマンド技表

名称 コマンド ダメージ 備考 / Finess Trick
連続攻撃~ワンハンドスルー 素早く 計22 数セット目で
連続攻撃~キックオフ 素早くor 計28
コンビネーション 遅めに
ダッシュ 0.5 自分もダメージ受ける
ショルダータックル 12
フライングボディアタック 14
ダブルアームハンマー 垂直ジャンプ中 9
ヒップドロップ 前ジャンプ中 9
つかみ 敵に接触 -
ベアハッグ×4~ワンハンドスラム つかみ中 3,3,3,19
ベアハッグ×4~タッチダウン つかみ中 3,3,3,27
すくい投げ つかみ中or+ 9 4セット目で
タッチダウンアサルト + 10 体力を少し消費
マットボンバー ジャンプ中+ 30 体力を30%消費
跳ね起き ダウン中連打 0
  • 「タッチダウンアサルト」「マットボンバー」以外の技名称は、便宜上つけたものです。


  • キャラクター性能 / 主要技解説

  • 連続攻撃
    派生技は2つ。連続攻撃~キックオフ(素早くor)は、を得られるという優秀な技。マットはつかみ攻撃のスピードが遅く使いづらいので、主にこちらでを稼ぐことになるでしょう。

  • コンビネーション(遅めに
    連打スピードが遅いとこちらに。フィニッシュがタックルになり、前方への攻撃判定が広いのがメリットです。連続攻撃中に連打スピードが遅くなると、こちらにシフトします。

  • ダッシュ
    他キャラと異なり、かなり長く走ります。敵に接触するとわずかにダメージを与えますが、自分も少しダメージを受けます。

  • ベアハッグ×4~タッチダウン(つかみ中
    技スピードが遅く、周囲に敵がいる場合には攻撃されてしまいます。本作では1対1の状況になりにくいので、やや使い勝手の悪い技。

  • タッチダウンアサルト+
    ラグビーボール状の気を地面に叩きつけ、衝撃波を放ちます。3人の中では攻撃範囲が広く、無敵時間も長いので、頼りになります。

  • マットボンバー(ジャンプ中+
    両手ブーストで空中・地中を数回往復する、とんでもないムチャ技。この荒唐無稽っぷりが本作らしい!ダメージは30と低いですが、攻撃時間が長いため、ボスに2回ヒットさせることも可能。ミッション4ボスなら3回ヒットします。