アンダーカバーコップス(1992年 / アイレム)


概要

「アンダーカバーコップス」は、1992年にアイレムからアーケード向けにリリースされた、ベルトスクロールアクションゲームです。濃いキャラクター達といち早く導入された超必殺技の存在により、現在でも知名度が高く、また多くのファンに愛され続けている一作です。

ストーリー

ステージ

キャラクター

TIPS

TIPS

作品解説

オススメ度:
1992年の作品です。アイレム発の全4作のベルトゲーのうち、「クロスブレイズ」に続いて2番目に作られた作品ですが、2作目とは思えないほどハイレベル。さすが職人集団と謳われたアイレムらしく、それまでのベルトゲーをしっかりと分析し、その上で新たなゲーム性の構築を試みています。
やはり目を引くのは超必殺技の導入。本作以前にも超必殺技のような要素を取り入れた作品は複数ありましたが、どれも「アイテムを消費して、必殺技ボタンを押して発動」するタイプのものばかりでした(例えば、ゴールデンアックスやラストファイターツイン、そしてミューテイションネイションです)。ところが本作は、「体力を消費して、空中でコマンドを入力」というシステムを取り入れています。対戦格闘ブームに入りつつあり、コマンド技それ自体が歓迎されていた時期だったことに加え、まだ「超必殺技」という概念がなかったときでしたから、本作の「コマンドによる超必殺技」というシステムは、熱狂的にプレイヤーに受け入れられました。ちなみに、「超必殺技」という概念が大きく広まるのは、餓狼伝説2(SNK)のリリースされた1992年12月以降です。
他方、フィニッシュ技を評価するアセスメントシステムは、ほぼ特定の技を使うことを強制されること、また一定ゲージに達しなければ失敗扱いされることから、少なからずストレスの溜まる設計だったように思われます。また敵が強力であったことも、初心者には敷居が高く感じられる要素でした。
しかしこれらを差し引いても、本作には大きな魅力―3人の主人公キャラクターとストーリー性―があります。またたくさんの技が用意され、戦略的に選択して使っていくことのできる最初期の作品でもありました。現在プレイしてみても、ほとんど古さを感じさせないことでしょう。