ゼロチーム(1993年)

タイトル ゼロチーム
開発会社 セイブ開発
販売会社 セイブ開発
初出 アーケード、1993年
システム / (2ボタン)
キャラクター 4キャラクター▸2人プレイ
ステージ数 6ステージ
戦う動機 誘拐された女性の救出

概要

「ゼロチーム」は、アーケード向けに、1993年にセイブ開発からリリースされたベルトスクロールアクションゲームです。
セイブ開発といえば雷電シリーズに代表されるシューティングが有名なんですが、珍しくベルトゲーとしてリリースされたのが本作でした。
キャラクターグラフィックは小さめながら、プレイヤーを飽きさせないグラフィックパターンとほどよい難易度、そして優れたゲームバランスが魅力の、隠れた良作です。

見どころ

  • 多彩な技の数々
    特に、連続攻撃~必殺拳()。身長よりも3倍ほど高くジャンプアッパーを放ちます。
  • 丁寧な作り
    グラフィックがとにかく良く動く!操作レスポンスも良く、敵の行動アルゴリズムも良く考えられています。丁寧に作られています。
  • ストーリー

    ある若い女性が闇のニンジャ軍団にさらわれたので、その友人4名=ゼロチームが救出に向かいます。

    キャラクター


    エース
    赤と白のコスチューム。オーソドックスなキャラクター。連続攻撃~必殺拳()は、左拳での大昇龍拳。

    スピード
    ぱっと見はエースの青いバージョンだが、いくつか技グラフィックが共通する以外は、なんと新たにグラフィックを書き起こしている!恐るべしセイブ開発のこだわり!

    スピン
    ピンクのハイレグの女性。
    もう一度言おう。ピンクの、ハイレグだ。

    ビッグ・O
    緑のコスチュームをまとった大柄男性。パワー型。連続攻撃~必殺拳()が某サガットのタイグーアパカを彷彿とさせる。

    操作方法 / コマンド技

    コマンド 説明
    / / 移動 / 攻撃 / ジャンプ
    ダウン中にor ローリングアウト
    起き上がりに軸をずらせます。敵の追撃をかわすのに使います。
    連続攻撃
    スピードだけは5段攻撃()。エースとスピードは攻撃パターンも若干違います。
    連続攻撃~必殺拳
    大昇龍拳。本作を特徴づける大技で、多段ヒット。
    スピンのみさらにで追撃。
    連続攻撃~投げ
    背面に敵が回って来たときに有効。
    連続攻撃中 振り向き攻撃
    連続技で攻撃中、他の敵に背面を取られそうになった時に使います。
    空振りすると、もともと連続技で攻撃していた敵から殴られてしまうので注意!
    テクニカルな攻撃方法ですが、 うまく扱えば、雷神光撃が不要になります。
    雷神光撃
    ビームを天に放って、周辺の敵に攻撃します。体力を消費します。
    垂直ジャンプ攻撃
    前ジャンプ/ひざ蹴り
    前ジャンプ自体に攻撃判定があります。
    すぐに 昇りジャンプ攻撃
    スピンのみ投げ技。回転ジャンプしつつ、敵に接触すると投げます。敵との距離が近ければ、出だしでも投げることが可能。これを利用して、連続技を途中でキャンセルして、この技で投げることができます。
    少しおいて 下りジャンプ攻撃
    垂直ジャンプ攻撃と同じモーションです。
    バックジャンプ攻撃
    でバックジャンプ。バックジャンプ攻撃は相手をダウンさせないので、連続攻撃につなげることができます。
    壁にジャンプして 三角跳び
    スピンのみの特殊動作です。
    つかみ中 つかみ攻撃
    つかみ中or 投げ


    ステージ

    ステージは全6ステージ。
  • ステージ1
    ストリート~スクラップ置き場~道場。ボスは時間差で2人出てきます。落とすナギナタで攻撃してもいいですが、連続攻撃を使うほうが速いです。
  • ステージ2
    倉庫内~海岸沿い。海岸沿いのシーンでは、ベンチに腰掛ける通行人を攻撃できます。最初の通行人であるカップルは、攻撃すると画面左に走っていきますが、なぜか、壁に激突して倒れる→起き上がって再び壁に激突して倒れる、を繰り返します。シュールなので見ものです。
    このステージのボスは空中殺法を仕掛けてきます。ボスの影を見ながら、うまくよけてください。
  • ステージ3
    荒野の工事現場。どうやらお城の周辺の防壁を強固にしているようです。民間人が工事をしているというのがシュール。このステージのボス戦では、4体の灯篭が設置されています。ボスに壊されるとアイテムが出なくなるので、先手を打って壊しましょう。ひざ蹴り()がオススメです。
  • ステージ4
    お城の中に潜入。1階部分はぼろぼろで、既にあったお城を敵が占拠したのでしょうね。
  • ステージ5
    いよいよ、離れ孤島にある敵アジトに乗り込みます。ボスは2体の忍者。1体は時限式の爆弾を設置するので、安全な場所を見極めて身の安全を確保してください。
  • ステージ6
    アジトをさらに進むと、鳥居のある洞窟へ。2体の武者(ステージ1と同じ)を倒すと、いよいよ最終ボス。第1形態では銃で、第2形態では刀で攻撃してきます。

  • これをクリアすれば、いよいよ表彰式だ!

    TIPS

    コンボ例

    いろいろ考えられるので探してみよう!
    バックジャンプ攻撃
    連続攻撃
    バックジャンプ攻撃は敵をダウンさせません。コンボの起点にどうぞ。
    連続攻撃3発止め
    ひざ蹴り
    ジャンプ攻撃
    ジャンプ中
    ひざ蹴りで数発稼いでからジャンプ攻撃につなげるとベター。

    ワンポイント

  • ドラム缶を壊すとアイテムが出現します。しかし、敵にドラム缶を壊されると、アイテムが出ません。先手を打って壊すことをオススメします。
  • 拾ったドラム缶などは、8方向に投げることができます。
  • ボスを倒すと大量のアイテムを放出します。ほとんど得点アイテムですが、必ず1個は体力回復アイテムです。見つけて拾ってください。
  • 作品解説

    オススメ度:
    地味ながら良作です。攻撃時の敵の震えや多段ヒット、実は緻密なグラフィックパターンなど、それまでのベルトスクロールアクションゲームを十分に分析した上で、作りこまれています。1993年という、各社からのベルトスクロールアクションの大量リリースの中に埋もれてしまった感があります。現在でもゲームセンターではそこそこのインカムを出すという、プレイヤーにも愛された一作です。ぜひ、家庭用にも移植してほしいですね。


    タイトル ゼロチーム
    開発会社 セイブ開発
    販売会社 セイブ開発
    初出 アーケード、1993年
    システム / (2ボタン)
    キャラクター 4キャラクター▸2人プレイ
    ステージ数 6ステージ